> > Libbey ボスコベア タンブラーグラス 玉乗り 茶&橙

Libbey ボスコベア タンブラーグラス 玉乗り 茶&橙

Posted on 2013年8月20日 | 6 Comments

リビー・グラスから、「ボスコベア」(BOSCO BEAR)のノベルティ・タンブラーグラス。
玉乗りの絵柄で、ブラウン(チョコレート)が2個、オレンジが1個。

ボスコベア(BOSCO BEAR)は、1928年から現在まで製造され続けれているBosco Chocolate Syrup(ボスコ・チョコレート・シロップ)のマスコットキャラクターだ。
ファイヤーキングのボスコベア・マグは、激レアアイテムとして大変有名だが、このタンブラーグラスもほとんどお目にかかれないレアアイテムである。

Libbey Glass "BOSCO BEAR" BROWN & ORANGE 1950's
Bosco bear balancing on a big ball


Libbey BOSCO GLASS BROWN and ORANGE 2



玉乗りに興じるボスコベアが描かれており、今にもボールから落ちそうになっている。
ボスコベアの間抜けな表情や動きが、ユーモラスでかわいいよね!

クマを擬人化したマスコットキャラクターと言えば、グラスベイクの「スモーキーベアマグ」をご紹介したばかりだ。
スモーキーベアは、マッチョな男らしいビジュアルだったのに対し、ボスコベアはディズニーのプーさんや日本のリラックマに通じる、間抜けでかわいいビジュアルだ。
スモーキーベアは「働く男」(成人男性)のイメージで、ボスコベアは「遊ぶ子ども」(男児・少年)のイメージなのだろう。
ファイヤーキングのボスコマグや、リビーのボスコグラスには、さまざまな遊びに興じるボスコベアが描かれている。

Libbey BOSCO GLASS BROWN

こちらのボスコグラスは、玉乗りの絵柄でブラウン(チョコレート)。
2個所有のうち、1個は2012年に「Sweet Heart」さんで、もう1個は2013年に海外オークションで購入しました。
「Sweet Heart」さんで、在庫6個あったのだが、現在はソールドアウトとなったようだ。

グラスには、"BOSCO BEAR""Bosco Glass"とプリントされている。
絵柄、文字ともにブラウンの単色で描かれている。
チョコレートを思わせるカラーで、チョコレート・シロップのノベルティにぴったりだよね!


Libbey BOSCO GLASS ORANGE

こちらのボスコグラスは、玉乗りの絵柄でオレンジ色。
ブラウンと同じセラーから、海外オークションで購入しました。
絵柄・文字はブラウンと同じで、こちらはオレンジの単色で描かれている。
オレンジは、元気いっぱいでかわいいよね。
ボスコマグがブラウンのみだったのに対して、ボスコグラスはこのようにカラーバリアントが豊富だ。


ボスコ・チョコレート・シロップが、アドバタイジング・ヒストリーを紹介しているBoscoNostalgia.comを見ると、1940年代からボスコ・ベアがマスコットとして登場している。
1950年代には、ウサギを擬人化したボスコ・バニーズも登場している。
現在では、ボスコ・ベアは広告に使われていないようだ。


こちらは、ボスコのMilk AmplifierのテレビCMだ。
ボスコ・ベアらしきキャラクターが登場していて、1960年代に放送されたと言われている。
栄養価の高さを押し出しているのが、意外だよね。



Libbey BOSCO GLASS BROWN and ORANGE

ボスコグラス3個とも、底にリビー・グラスの「L」の刻印がある。
ボスコグラスは、1950年代の製造と言われている。

リビー・グラスの前身であるNew England Glass Companyは、1818年にマサチューセッツ州ケンブリッジに創業した。
ウィリアム・リビー(William L. Libbey)が経営を引き継いだ1878年に、the New England Glass Works, Wm. L. Libbey & Sons Propsと改称する。
その後、1883年から1886年まで社長を務めたエドワード・リビー(Edward Drummond Libbey)は、1888年にニューイングランド・グラス本社をマサチューセッツ州から、オハイオ州トレドへと移転させる。
移転後の1892年に、The Libbey Glass Companyへと改称し、現在まで続いている。
1940年代~1950年代のリビー・グラスは、サーカス・シリーズなど、カラフルでかわいいアニマル柄を多く製造している。


BOSCO GLASS and Sour Cream Glass

ボスコ・グラスのサイズは、直径が約8センチ、高さが約8.6センチ(3 1/4インチ)。
ヘーゼルアトラスのサワークリームグラス・1/2パイントと比較してみた。
サイズはほぼ同じだが、ボスコ・グラスの方が、サワークリームグラスよりもずっと薄くて、すごく軽い!!
サワークリームグラスの分厚さ・頑丈さは、さすがに食品容器である。


ボスコ・グラスには、玉乗りの絵柄だけでなく、ローラースケートで遊ぶ絵柄、蜂におそわれる絵柄、雄牛(牡山羊)にねらわれている絵柄、ウサギを追いかけている絵柄、海水浴の柄と、全6パターン存在するようだ。
カラーバリアントは、ブラウン、オレンジ、グリーン、イエロー(クリーム)、レッドの全5色存在する。
柄違い、色違いで合わせて全30種になる計算で、大変種類豊富である。
ローラースケートのイエローと、雄牛(牡山羊)のレッドは入手済みなので、また後日ご紹介したい。

ボスコ・マグについては、TamaNIkaさんのかにたま的・火王ぶろぐ。「ファイヤーキング ボスコマグ(ヴィトロック特集その2!)」に大変詳しく紹介されているので、ぜひご覧ください。
ボスコ・グラスは、ボスコ・マグと同じくレアアイテムだが、ボスコ・マグよりもかなりのお手頃価格です!
ボスコ・マグが気になっていても、高くて手が出ないという方に、ボスコ・グラスはおススメだよ!!



-------------------------------------------
★使ってみた

Libbey BOSCO GLASS ORANGE 2



Comments:6

  1. こんにちは(^^)

    ボスコベア、めちゃくちゃレアですよね!
    タンブラーグラスもあるなんて知りませんでした!
    可愛いな~。
    単色刷りがちょっと大人っぽさも出て、色々な用途で使えそうですね。
    お酒にも合いそうです♪

    私は今、サワークリームグラスが欲しくて探している所です(*^^*)
    先日ちょっと、競り負けました(笑)

    ボスコグラス、他のも手にされたのですね!すごい!
    またご紹介をして下さるのを楽しみにしています(*^0^*)

    返信削除
    返信
    1. nyancousagiさん、いつもコメントありがとうございます!
      ファイヤーキングのボスコマグと比べて、リビーのボスコグラスは、ほとんど知られていないのかもしれませんね。
      ボスコグラスの絵柄は、ボスコマグのデザインとよく似ているので、同じデザイナーが手がけていると思われます。
      日本語・英語ともに資料が乏しく、実際は全何種存在するのか、分からないです。
      現在確認出来るところでは、全6パターン×全5カラーのようです。

      nyancousagiさんは、サワークリームグラスをお探し中なんですね。
      オークションで競り負けると、悔しいですよね(笑)
      先日、ファイヤーキングのシェルのアドマグの入札がありましたが、自分は175.00ドルで入札しましたが、落札出来ず、落札価格は175.99ドルでした。
      惜しかったな~。
      また出品されるのを気長に待ちます。

      サワークリームグラスは、絵柄の種類が大変豊富なので、nyancousagiさんが何をチョイスされるのか、とても楽しみです^^
      入手されましたら、ぜひご紹介くださいね!

      削除
  2. こんばんは♪

    うふふ♪nyancousagiさんもいらっしゃってて、なんだか嬉しいな(*^_^*)

    ボスコベア、とっても可愛いですよね!!
    スモーキーベアもずっと気になっていましたが
    ボスコベアもめっちゃ気になる存在だったんです(^_~)☆
    masatoさんの素敵なお写真と詳しくてわかりやすい説明で、
    私、とっても購買欲をかき立てられるんですけど〜(笑)

    クマさんが可愛いのはもちろんですが、私の大好きな茶色とオレンジってとこが
    もうたまらなく素敵です!!
    小振りなサイズと形、そしてキュートなクマさん・・・
    このグラスにジュースや牛乳を入れて、子供に出してあげると喜びそうですねっ♪

    ヘーゼルアトラスのサワークリームグラスも可愛いですね〜
    いろんな柄を集めてずらっと並べてみたいですぅ〜(*^_^*)

    masatoさんのコレクション、とっても素敵です♪

    返信削除
    返信
    1. レオねねさん、いつもコメントありがとうございます!
      スモーキーベアにボスコベアと、クマのキャラクターが続きましたね。

      ボスコベアが気になる存在という気持ち、よく分かります。
      自分も、いつかファイヤーキングのボスコマグを手にしたいですね。
      ボスコマグは、スキーやスケートなど冬の遊びが描かれていますが、ボスコグラスにはローラースケートや海水浴といった夏の遊びが描かれているんです。
      夏はボスコグラス、冬はボスコマグと、季節に合わせて使ってみたいものです^^

      サワークリームグラスは、とても使いやすいので、おススメですよ!
      アドマグのように、いろいろな柄を集めたら楽しそうですね♪
      日本では人気が無いのか、あまり見かけないですが、海外ではコレクターが多いようです。
      現在、ebayに1/2パイントのサワークリームグラスが、35個セットで出品されていて、いったい何ドルで落札されるのか注目しています。
      35個セットのうち、半数ほどはなんと蓋付き!
      これほどすごいコレクション、本当に手放して良いの?とセラーに聞きたくなるほどです。

      ボスコグラスは、小ぶりサイズに加えて、薄くて軽いので、子ども向けに作られたものだろうな、と思います。
      ファイヤーキングのボスコマグの方にも、チャイルドサイズが存在するらしいです。
      チャイルドサイズのボスコマグが、もし市場に出たら、どれほどの高値がつくのか想像できないですね(笑)

      削除
  3. masatoさん!お久しぶりです!
    ここ(http://aoishika.blog105.fc2.com/)でブログをしていた、あおいしかです。
    覚えていらっしゃるでしょうか…
    今はアメブロの方で、日常あったことをメインにブログをしています。

    FC2ブログを久しぶりに見ていたら、masatoさんを思い出し
    遊びに来させていただきました(^^)
    お元気そうでなによりです。
    相変わらず、とてもおしゃれで、かわいらしいブログですね!
    動画も見させていただきました。くまちゃんがかわいい!!///
    また更新待っています。遊びにきますね!
    お邪魔しました。

    返信削除
    返信
    1. あおいしかさん、お久しぶりです!!
      もちろん覚えていますよ~^^
      コメントいただけて、とてもうれしいです。

      アメブロの方、さっそく拝見しました。
      「ヘタリア」が縁で、仲良くさせていただいた頃は、あおいしかさんはまだ高校在学中でしたね。
      それからフェリス女学院に進学されて、現在まで順調に声楽の勉強を続けられているようで、素晴らしいです!!
      何より、あおいしかさんのかわいらしいお顔を初めて拝見出来て、すごく良かった♪♪
      後ほど、ゆっくり遊びに行きますね★

      こちらのブログは、ファイヤーキングなどのビンテージ食器と、キッドロボットなどのデザイナーズトイのコレクションについて書いています。
      FC2ブログでは、アニメやゲームの感想なども書いていましたが、これがけっこう時間泥棒だった(アニメはまず見なければ、ゲームはプレイしなければ書けない)ので、こちらはコレクティブルだけにテーマを絞りました。

      ボスコベアのグラス、かわいいでしょう~!
      このシリーズ、集めているんですよ。
      ボスコの古~いCMも見てくださり、ありがとうございます。
      また気軽に遊びに来ていただけると、うれしいです^^

      削除

Powered by Blogger.

Popular Posts