> > Fire King アドマグ スタッキーズ

Fire King アドマグ スタッキーズ

Posted on 2013年2月20日 | 4 Comments

ファイヤーキングのアドバタイジングマグから、「スタッキーズ・コーヒークラブ」(Stuckey's Coffee Club)。
ファイヤーキング専門店のDEALERSHIPさんで、2012年1月に購入しました。

Fire King Stuckey's Coffee Club mug 1960's


Fire King Stuckey's Coffee Club Mug

絵柄の正面が、ハンドルの反対側に配置されていて、赤文字で "Stuckey's COFFEE CLUB" と記されている。
真っ赤なロゴマークの両側には、水色のストライプが描かれている。
さわやかなデザインで、お気に入り!

刻印は、「ANCHOR HOCKING, アンカーマーク, FIRE-KING WARE, MADE IN USA」で、1960年代中頃の製造。
シェイプは、スタッキングマグ。
未使用に見えるほど、美品を手に入れることが出来て、とてもうれしい。

Stuckey's(スタッキーズ)は、1937年設立のロードサイド・コンビニエンスストア・チェーンだ。
現在では、アメリカ南部、南西部、中西部を中心にチェーン展開しており、コネチカットから遠くはオレゴンまで、アメリカ全土のハイウェイで見つけることが出来る。
ジョージア州のイーストマンには、スタッキーズの第1号店が残っているらしい。

創業者であるW. S. Stuckey, Srの妻Ethelは、手作りのピーカンナッツキャンデーを売り出し、夫のビジネスを支えた。
Pecan log roll(ピーカン・ログ・ロール)と Pecan divinity(ピーカン・ディビニティ)は、創業当時から現在まで、スタッキーズを代表する人気のお菓子のようだ。
なかなかおいしそうで、いつか食べてみたいな~!

◆◆◆

ファイヤーキングのアドマグの中では、トップクラスの人気で、入手困難アイテム。
取引価格は、ますます高騰しているし、いわゆる「偽物」の心配もある。
スタッキーズやバーガーキングのような人気アイテムには、「偽物」が多いと言われている。
そのため、今回は海外オークションではなく、信頼できるDEALERSHIPさんから購入した。

ファイヤーキング・コレクターの間では、ホワイトのマグに、後からペイントしたものが「偽物」と呼ばれている。
人気のデザインそっくりにプリントした、悪質な模倣品から、デカールを貼ったもの、オリジナルの絵柄のものまで、いろいろな「偽物」があるらしい。
プリントは「偽物」でも、素体として使われているマグは、「本物」のファイヤーキングなのだから、「偽物」と呼ぶよりは、「カスタム」と呼ぶ方が分かりやすいと思う。

2011年から、ファイヤーキングジャパンが、ファイヤーキングのリプロダクト製品を販売している。
2012年には、ついにスタッキーズ・マグのリプロダクトが、リリースされた。
リプロダクトのスタッキーズ・マグには、水色ストライプに加えて、ピンクのカラー・バリアントもある。
ヴィンテージのスタッキーズ・マグが、日本で20,000円台で取引されているのに対して、リプロダクトは3,000円台で手に入れることが出来る。
リプロダクトの登場によって、ヴィンテージ市場の価格高騰が収まり、悪質な模倣品が減ることを期待している。


本物のマグに後からペイントを施した「カスタム」の中でも、単なる模倣品はつまらないが、絵心のある持ち主が、独創的なペイントを施した「カスタム」であれば、僕はすごく価値があると思う。

デザイナーズ・トイの世界では、レディー・メードの素体をいかに「カスタム」するかで、アーティストのセンスが試される。
アーティストのハンドペイントで、世界限定1個だったため、オークションで1,500,000ドルという超高値がついたダニーも存在する。
つまり、「本物」と「偽物」という二項対立の視点だけでは、計れない「価値」もあるということ。
そもそも、デザイナーズ・トイは現代アート寄りの立ち位置だから、アートとトイの境界を崩す、ハイカルチャーとサブカルチャーの階層性を脱構築する、といったコンセプトが感じられる。

僕はデザイナーズ・トイのコレクターでもあるので、ファイヤーキングの面白い「カスタム」には賛成だ。
白無地のファイヤーキングをキャンバスに、大好きなイラストレーターさんから、ワンオフ・ハンドペイントをしてもらえたら、素晴らしいだろうな~、と夢がふくらむ。



-------------------------------------------
★使ってみた

Food with Fire King 049

Comments:4

  1. おはようございます!!

    こちらのスタッキーズマグはとっても有名ですよね。
    ブルーのストライプがすっごく爽やかですよね(^_~)☆
    ⬆のお写真・・・コーヒーの色がとっても映えてキレイです!!

    masatoさん、ディーラーシップさんで購入されたんですね。
    実店舗へ行かれたのでしょうか?それとも通販でしょうか?
    もう間違いなく信頼できますもんね。めちゃめちゃ納得です。

    私は海外はもちろん、国内オークションも未だに未経験で・・・(^^;)
    ブロ友のnyancousagiさんもオークションを楽しまれてるようで
    私も興味はあるのですけど、いつも決まったショップさんから購入してばかりいます。

    未使用のようなピカピカの美品をゲットできて良かったですね♪
    また遊びに来ますね〜(^o^)/


    返信削除
    返信
    1. レオねねさん、コメントありがとうございます!

      スタッキーズマグは、いつかは手に入れたい、あこがれのアイテムのひとつでしたので、夢が実現してとてもうれしいです♪
      DEALERSHIPさんのオンライショップで購入しましたよ。
      つるつるピカピカの美品を届けてくださり、感謝しています^^

      僕は、海外オークションのeBayで購入することが多いです。
      国内オークションよりも、海外の方が出品数が底なしに多いし、低価格で落札できるものばかりです。
      どのくらい安いかと言うと、レア度が星4つの「ペンシルバニア州兵」マグが、15.5ドルで落札出来たんですよ!
      DEALERSHIPさんのオンラインショップのソールドアウトコーナーで、このマグが上限9,980円と紹介されています。
      購入当時は、スーパー円高状況でしたし、アメリカからの送料をプラスして比較しても、驚異的な安さに感じました。

      レオねねさんは、オークションではなく、ファイヤーキング専門店で購入されることが多いんですね。
      オークションのメリットは安いことだけですから、信頼できる専門店で、自分で見てさわって、納得して買う方が安全だと思います。
      僕も、プレゼント品を選ぶ時などは、必ず実店舗にしています。

      レオねねさんにお気に入りのショップがあって、気軽に質問したり、価格交渉したり、探索依頼まで出来るような信頼関係が持てたら、すごく素敵だし、よっぽどメリットが多いと思いますよ~^^

      削除
  2. こんばんは(^^)

    あれあれ?!汗汗
    コメントしたのですが、失敗だったようで・・・すみません(><)

    スタッキーズマグの爽やかなブルーと赤のロゴは
    やっぱりすっごく可愛いです♪
    置いておくだけで、お部屋の雰囲気がカラッと変わりますよね!
    すごく欲しいアイテムですが、なかなか手が出ません^^;

    リプロは、私もありかなって思います。
    手にする人がビンテージに拘らず、今の時代に手軽い楽しむには凄く良いと思います♪
    ファイヤーキングジャパンにしても、ジェダイのスタッキングは凄い新鮮でした!
    ただ、今の時代に蘇るなら、是非レンジ可能だったらよかったな~なんて(笑)
    そうしたら間違いなく手にしているかもです(*^^*)

    スタッキーズマグは、見ているだけで爽やかな、笑顔になってしまうマグ♪
    やっぱり特別ですね~vv
    masatoさんは、いつも素敵な物を手にされていて凄いです!(≧▽≦)vv

    返信削除
    返信
    1. nyancousagiさん、コメントありがとうございます!

      『ファイヤーキングマグ図鑑』というコレクターズガイドブックが、僕のファイヤーキング集めの原点です。
      この本を読んで、スタッキーズマグを初めて知ってから、いつか手に入れたいと思っていました。
      清水の舞台から飛び降りる気持ちで、買いましたよ~。
      1年に1度くらいは、これくらい自分に贅沢をしても良いでしょう(笑)

      ファイヤーキングジャパンのジェダイ・スタッキングマグは、面白いアイディアですよね!
      僕としては、ジェダイのキンバリーマグを製造してほしいです。
      洋書のコレクターズガイドブックに多数掲載されている、幻のアイテムをリプロダクトしてくれたらな~と思っています^^
      ファイヤーキングジャパンのチャレンジは始まったばかりですから、今後が楽しみです♪

      ファイヤーキングのマグは、どんどん増えていきますが、プレートはわずか2枚のみ。
      今年は、もっとプレート類を集めたいな~と思います。
      レストランウェアの3コンパートメントがある食卓風景に、あこがれます^^

      削除

Powered by Blogger.

Popular Posts